ホーム

メインナビゲーション

イミダペプチドとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
知っておくべき!(1)活性酸素

人は脳や体を動かすと大量の酸素を消費し活性酸素が発生します。
活性酸素は筋細胞や脳細胞を傷つけて細胞の機能低下を引起し、
シミやシワなどのほか、ガン・動脈硬化・糖尿病・老人性痴呆といった
大変な病気の引き金にもなるといわれています。


知っておくべき!(2)自律神経

脳の疲労中枢の裏側には自律神経を司る器官があります 疲労中枢に
異常があれば自律神経が乱れ、逆に疲労中枢が健康になれば、 自律神経も
自然と整い、ストレスや睡眠障害を抑制してくれます。


知っておくべき!(3)イミダゾールジペプチド成分

渡り鳥が約1万1千キロを無着陸で飛び続けるパワー、 マグロ等の回遊魚が
一生尾ヒレを動かし続けるパワーの源は、一番動かす部位にイミダゾールジペプチドという
坑酸化成分が多く含まれており、人間が一番動かす部位『脳』にもイミダゾールジペプチド
成分が多く含まれています。


知っておくべき!(4)イミダゾールジペプチド成分の効果

人間は筋肉や脳細胞など消耗の激しい部位での酸素の消費が多く、 そこに発生する
活性酸素を取除くイミダゾールジペプチド成分が充分であれば、 脳活性につながり、
疲れにくい体質が期待出来ます。


知っておくべき!(5)イミダゾールジペプチド成分の摂取方法

イミダぺプチド成分の一日の摂取目安量は200mgです。 食品で摂取するには鳥の
胸肉だと100g、マグロ等の魚類では 200g摂取することでイミダペプチド成分一日必要量を摂取できます。




イミダペプチド成分を見つけたのは産官学連携プロジェクト





イミダペプチドとは・・・


イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)は、ヒトや動物の骨格筋に存在するアミノ酸結合体です。
長時間、翼を動かし続ける渡り鳥の筋肉中に高濃度に含まれ、食肉においては鳥胸肉が牛肉や
豚肉に比べて2〜3倍も豊富に含んでいることが知られています。

2003年に始まった産官学連携プロジェクトにおいて、大阪市立大学など5大学と大阪市、大手食品
メーカー・医薬品メーカーなど計18社が参加し、23種の食品成分が化学的に検証されました。
そのなかで最も顕著な効果が認められた成分が鶏胸肉抽出物「イミダペプチド」でした。
イミダペプチド成分は動物の最も酷使する部位に存在し、 人間では脳や骨格筋に豊富に存在することが知られています。

イミゾールジペプチドは 二つのアミノ酸『カルノシン』と『アンセリン』の結合体です
カルノシン・・・アルツハイマー病モデルマウスを用いた研究で『カルノシン』が、認知機能の
低下を回避する作用があることが判明し現在注目されています。





 

カスタマーレビュー

売れ筋ランキング

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
201710
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
201711
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 今日    定休日    イベント